消費者金融の審査

消費者金融の審査について教えて?

MENU
RSS

消費者金融の審査について

消費者金融の審査は、甘いという意見と、厳しいという意見があるようです。甘いと言う人は、銀行カードローンに比べると通りやすいと感じているのでしょう。厳しいという意見の人は、思い当たる点がないのに審査に落ちたという人や、希望額が借りられなかったという人かもしれません。(参考:借りやすい消費者金融!ブラック・自己破産・債務整理でもOK

 

消費者金融でも、銀行カードローンと同じように、年収や勤務形態などが見られます。公務員や大企業の正社員として働いていて、安定した収入がある人は有利になります。勤続年数についても短いとすぐに辞めてしまう可能性もあるので、3年以上が理想です。

 

しかし、消費者金融では大手では10万円単位で限度額が設定されます。いきなり100万円を借りることは難しくても、限度額10万円くらいなら、ほとんどの人が通るでしょう。アルバイトで勤続年数1年以下という人でも限度額20万円くらいなら借りられたという口コミがあります。

 

限度額10万円すら借りられないという人は、ブラックリストに載っている人、多重債務者など致命的な理由がある人だと思われます。また、現在の消費者金融では総量規制がかかるので、すでに年収の3分の1を他社で借りてしまっている人も審査には通りません。

 

総量規制は法律で定められていることなので、基本的にこれに違反することはできません。注意すべきなのは、実際に借りているお金ではなく、枠があるだけでも借入としてカウントされてしまうということです。クレジットカードのキャッシング枠なども、利用をしていなくても枠がついている場合には注意が必要です。

消費者金融の審査基準について

消費者金融は個人向けに小口の融資を行ってくれる業者のことです。お金を借りることですので、必ず返済しなければなりませんし、またお金を借りた日数に応じて手数料として金利を支払う必要があります。このため消費者金融を利用するさいには返済が出来る人物であるかどうかの審査を受ける必要があります。

 

審査の内容としては住所氏名年齢などの本人確認のほか、職業や収入について、また他社からの借り入れの有無や借り入れ金額などがその対象になります。審査に通るか通らないかは消費者金融によって大きく変わってきますが、大手消費者金融などではスコアリング方式を採用しており、入力されたデータを数値化して一定のラインを超えれば融資の対象とするというものです。このためインターネットからの申し込みであれば1分以内に借り入れ対象であるかどうかの結果を見ることが可能です。

 

審査基準は各社によって変わってきますが、消費者金融の場合には安定した収入があれば利用が可能でアルバイトやパートでもその対象となっています。ただし、貸金業法では年収の3分の1までとなって制限されているためその範囲内となります。このため多くの場合には120万円以上の収入がある必要があります。一方で他社からの借り入れが多かったり過去に債務整理などを行った場合などには審査に通らないケースもあり、特に大手消費者金融ではその傾向が顕著です。反対に中小零細のところではそれらの審査基準がゆるやかで利用できるケースもあります。